2007年(H19)5月開設
2011-10-31(月)
東日本大震災から丸233日/大分県宇佐市にて・・・
 


 旭川市は快晴だったようで最低気温+2.2℃、最高気温+16.4℃。本日午前中は鹿児島県南さつま市にて視察研修を行い、南さつま市役所(写真上)では「砂像祭典」に関わる担当職員4名各位が職務多忙な中、親身な説明対応をして頂きました。研修前に本坊南さつま市長と昨夜夕食を御一緒した柴田副市長と市長室にて談話させて頂きました(写真下)。南さつま市は平成17年に1市4町が合併、人口は約4万人弱、基幹産業は内陸部の農業と沿岸部漁業、食品加工や電子部品工場、縫製工場もあります。視察内容の砂像祭典は三大砂丘の一つとして吹上浜(約47km)の貴重な資源を生かし地域興しイベントして昭和62年にスタートし、今年は災害復興支援イベントとして「第2回世界砂像フェスティバル」は第23回開催を迎えています。会場地も変更を重ね本年は金峰地区(砂質良)の防風林一画に移転開催され、来場者は毎年期間中平均約20万人近くに達しています。この欄では詳細に書き込めませんが、入場料収入で約4千万円、各社協賛金2千万円や砂像制作にあたっては協賛団体・企業がほとんどボランティアによる協力で開催されていることに感銘しました。又、自転車競技全国大会開催等によるサイクリング振興やスポーツ合宿にも力を注いでいます。視察終了後は新幹線(本年3月九州新幹線全線開通)で博多まで行き、JR線に乗り換え大分県宇佐市に入り、現在宇佐市内の宿泊ホテルからの更新です。ちなみに本日の大分県は最低気温+18.1℃、最高気温+23.0℃です。さて、東日本大震災から丸233日が経過し確認死者数1万5,829人、行方不明者3,692人となっています。ところで皆さん、砂像を崩れないようにするためにどういう工夫がされているか御存じでしょうか?答は明日にでも・・・(笑)KT

カテゴリー:なし
2011-10-30(日)
東日本大震災から丸232日/鹿児島県南さつま市にて・・・
 


 本日の旭川市は早朝濃い霧が覆っていましたが日中は快晴となり、最低気温+1.4℃、最高気温+14.5℃でした。昨夜は個人行政視察出発準備等で就寝は午前3時を過ぎ、起床は午前6時のため睡眠時間は3時間。早朝約2時間ハウス内の片付け作業を行い、その後旭川空港から9時10分発羽田、乗り継ぎ後の鹿児島空港は午後2時に到着しました(写真上)。鹿児島は小雨が降り続いていたようで、機外に出ると蒸し暑さを感じました。空港に無料の天然温泉足湯がありました(写真下)。鹿児島の最低気温+19.6℃、最高気温+22.2℃、日計雨量は17.0mmでした。今日は移動のみで、鹿児島空港到着後は明日の研修先でもある南さつま市にバスで約1時間、宿泊ホテルへは午後3時30分到着。明日午前中に以前から友好姉妹都市として深く交流のある南さつま市研修は「国際砂像フェスティバル」取組と観光産業について視察します。夕刻時に宿泊ホテルに出迎えがあり、夕食を柴田南さつま市副市長、大原市議会議長、泊議会事務局長、議会事務局指宿庶務調査係長の各位4名と共に、地元の食材を使用した郷土料理を堪能してきました。きびなご・カジキのお刺身、黒みな貝、黒豚なべ料理等、大変美味しく頂きました。南さつま市とは相互市職員派遣や砂像フェスティバル開催きっかけは札幌雪まつりから始まり、毎年旭川市の冬まつり雪像づくり参加も頂き、昨年本年の食べマルシェ開催時にも南さつま市特産物出店で多大な御協力と好評を頂きました。また、数日前にはJAたいせつ役職員も現地訪問・視察があり、JAたいせつ直売所ではすでに数回、南さつま市物産販売も行っています。「旭川市にはいつも親切丁寧にお付き合いをさせて頂いている」と、大変恐縮でしたが多くの御礼のお言葉を頂きました。約2時間30分両市の話で盛り上がり楽しい一時を過ごさせて頂きました。明日の研修でもよろしくお願い致します。さて、東日本大震災から丸232日が経過し、確認死者数及び行方不明者は更新されていません。KT

カテゴリー:なし
2011-10-29(土)
東日本大震災から丸231日/第5回道米対/鷹栖町農民連盟との研修会・・・
 


 本日の旭川市は曇りのち晴れ?だったのでしょうか。最低気温+1.4℃、最高気温+14.1℃でした。今日は午前8時に旭川市を自家用車で札幌市に向かい、第5回道農連米対策委員会に出席し、北海道米情勢、米戸別所得補償制度、平成24年産米生産目標数量都道府県配分等について約2時間協議しました。会議の中でH23年の過剰作付は前年22府県から2府県減少し20府県で、面積では前年4万1千haから約1万9千ha減少し、約2万2千haとなり、計画生産に参加する戸別所得補償制度の影響が大きいと思われます。会議終了後は札幌市内の親戚2軒に立ち寄り所用を済ませ、午後4時に帰旭しました。夕刻は隣接地の鷹栖町農民連盟との研修・交流会を開催し、JAたいせつ資材センターにて公務多忙の中、佐々木隆博衆議院議員に講師としてお招きし、現在のTPP交渉参加問題について党内議論するPT(プロジェクトチーム)進行状況や我国における影響等のお話を頂きました(写真上下)。佐々木代議士は当初PT副座長ポストでしたが、現在は事務局長代理という役職に換わり書類作成等でさらに重責で激務だと言われていました。何よりもTPP交渉参加には反対の意思であることも強調され、「TPPを慎重に考える会」(会長・山田前農相)にも入っていると。非関税障壁分野がとにかく大きな問題だと力説されていました。さて、東日本大震災から丸231日が経過し確認し者数及び行方不明者は更新されていません。明日から個人行政視察研修で一路鹿児島県へ向かうため、これから出発準備で大わらわ・・・KT

カテゴリー:なし
2011-10-28(金)
東日本大震災から丸230日/摂氏0℃・・・
 


 本日の旭川市は曇り時々晴れで最低気温+−0℃、最高気温+14.8℃でした。午前中は盟友殿の葬儀に参列し、その後は明後日からの個人行政視察の関係で市役所や旅行会社で打ち合せを行ったり、出発準備等で一日が費やされました。昼食を久し振りに市民文化会館のブンカフェで摂りましたが、第44回がん予防全道大会が午後から開催のため(写真上)、レストラン内は御婦人ばかり満席状態で、カウンター1席のみがかろうじて空いていました。日替わりランチを楽しみにしていましたが、「売り切れてしまいました」と(涙)、替わりに鉄板焼きオムライスを頂いてきました。さて、東日本大震災から丸230日が経過し、確認し者数1万5,829人、行方不明者3,724人となっています。写真下は孫の「くれあ」ですが大爺に抱かれている状態で寝起きしたばかりのため、髪の毛が爆発しています・・・KT

カテゴリー:なし
2011-10-27(木)
東日本大震災から丸229日/3クラブ夜間合同例会・・・
 


 本日の旭川市は曇りのち晴れとなり最低気温+2.3℃、最高気温+10.6℃でした。午前中は盟友殿の葬儀に参列し、その後は銀行や所用足し等で市内を奔走していました。夕刻は市内ホテルで3ロータリークラブの夜間合同例会が開催され参加してきました(写真上)。旭川東、旭川東北、旭川モーニングの3クラブは友好姉妹クラブとして交流があり、参加会員は総勢で約50名でした。合同例会後は食事と懇談で有意義な時間を過ごし、最後は恒例のロータリアンソング「手に手つないで」を合唱し終了しました(写真下)。タイの洪水被害が毎日TV報道され、深刻さを増しています。明日は大潮で午前10時〜午後8時迄が浸水拡大の要注意ということですが、すでに日本からのタイ進出企業も工場等が水に浸かり操業停止状態に陥り大きな痛手を負っています。今後、日本経済にも大きな影響を与える懸念がぬぐえません。3年前にMRCで受け入れ、我家で約3ヵ月間ホームステイした留学生アイちゃんや御家族が心配のため、近々連絡を取ってみたいと思っています。さて、東日本大震災から丸229日が経過し、確認死者数1万5,829人、行方不明者3,724人となっています。KT

カテゴリー:なし