2007年(H19)5月開設
2013-08-31(土)
8月終わり/作況調査終了・・・
 


 早いもので今日で8月も最終日、本日の旭川市は曇のち雨となり最低気温+14.5℃、最高気温+19.4℃、日照時間0.1H、日計降雨量は0.5mmでした。今日は昨日雨のため中止となった部落作況調査を午前8時30分に集合し、曇り空の中午前9時からスタートしました。盟友殿の葬儀や地元神社の祭典準備等がありましたが作況のため、霜野書記長に葬儀参列はお願いしました。今年からは代表刈り調査が簡素化され、部落内の筆数は全17筆のため、約2時間の短時間で無事終了しました。しかしながら、過去に例がないほどどの田んぼも泥濘がひどい状況で、コンバイン作業の心配を皆が口にしていました。夕刻からは調査結果表配布と慰労会でジンギスカンを美味しく頂きました。今年の調査結果の出来秋予想は我が部落は昨年同様の収量が期待できそうです。事務局長宅の水田では部落内最高の3,400kgが出ました。自身の水田は4枚の代表刈りでしたが最高値はななつぼし3,000kg、次にゆめぴりか2,830kg、次にもう一枚のななつぼし2,800kg、最後4枚目はおぼろづき2,750kgとなり平均単収は648kgでした。ちなみに昨年の平均単収は650kgで昨年並みの豊作基調です(感謝&喜)。部落平均は639kg、ちなみに昨年は640kgでした。今年は蛋白値が低いと良いのですが、とにかく今後において秋晴れが続くことを願っています。写真2は休憩時に上空で見かけた自衛隊ヘリ編隊の一機です。KT

カテゴリー:なし
2013-08-30(金)
作況中止・・・
 


 本日の旭川市は早朝から小雨が降り続き最低気温+15.2℃、最高気温+17.6℃、日照時間0H、日計降雨量は9.5mmと肌寒い一日でした。今日は町内の作況収量調査日を午前8時30集合、9時からの作業予定でしたが、集合時にも雨が降り続いていたため、明日は雨が降らない予報が出ていることから止むなく明日に延期としました。多くの部落が本日作況収量調査を予定していましたがやはり延期した部落が多いようですが、雨の中を予定通り行った部落もあるようです。霜野書記長の部落は行ったようで、聞くと重量的には最高で2,700kgということですが個人差や品種でかなりばらつきがあるようです。写真1は昨夕の写真で大雪山連邦がうっすらと見えました。写真2は今夕で突哨山が横に長く写っています。さて来年度の国家予算編成が示され、過去最高となる99兆2,000億円ということで今後財務省で使途内容を精査していきます。KT

カテゴリー:なし
2013-08-29(木)
電波の安全性に関する説明会・・・
 


 本日の旭川市は早朝からお天道様が拝め(写真1:AM5:30)、夕刻からは曇りとなり最低気温+12.12℃、最高気温+23.6℃、日照時間8.8H、日計降雨量は昨夜からの0.5mmでした。今日も稲刈り前の段取り作業に追われ、午後から旭川市勤労者福祉会館で総務省北海道総合通信局が主催する電波の安全性に関する説明会が開催され参加してきました(写真2)。参加者は約150名ぐらいでしょうか。冒頭主催者挨拶後、説明1では北海道総合通信局の電波監理部長の櫻庭氏より「電波の安全性に関する総務省の取組み」と題して約30分(写真3・4)、説明2では北海道大学大学院情報科学研究科の名誉・特任教授の野島氏より「電波の性質と安全性について−基本事項と研究例−」と題して約1時間、自身はこの後所用があるため途中退席、休憩後には説明3として京都大学生存圏研究所生存圏電波応用分野特定教授の宮越氏より「電波と健康−研究の現状と国際動向−」と題して約1時間、終了後は質疑応答もありました。電波は今やあらゆる分野で飛躍的に発展・利活用されており、1950年の無線局約5,000局から2013年での無線局は約3万倍の1億5,000万局に達しています。電波は電気の一種ですが肉眼では見えず、電波の強度によっては人体にも影響を及ばす?WHOの見解は?最終的にどうなのかは良く理解できませんでした。総務省HPにおいて生体電磁環境に関する情報提供があります。機会を見て説明内容や資料等を記載していきます。午後3時からは小川勝也参議院議員と共に農業団体や企業関連への挨拶廻りを約2時間行いました。さて、明日は町内作況収量調査ですが、天気予報では旭川市は80%の確率で雨模様です。朝から雨が降っていれば中止で多分9月1日(日)に変更となります。半日あれば作況調査は終わるので、何とか雨が降らないことを祈るだけです。ましてや土砂降りだけは勘弁願いたいです・・・(祈・祈・祈)。KT

カテゴリー:なし
2013-08-28(水)
変化する秋空・・・
 


 本日の旭川市は曇ったり晴れたり雨が降ったりと目まぐるしく空模様が変化し最低気温+13.2℃、最高気温+22.1℃、日照時間7.3H、日計降雨量は16.0mmでした。それにしてももう何日雨降りの日が続いているのでしょうか?今日も一日稲刈り前の段取り作業に追われ、夕刻からは会議等が3つ重なりました。夕刻6時から稲穂の里協議会役員会が開催され、稲穂の里通信発行や米集荷要領、新米販売促進PR研修会等について約1時間協議し、その後すぐさま東鷹栖地区市民ふれあい祭り実行委員会に遅れて参加し、先月7月に行われた第23回ふれあい祭りの反省点や収支決算報告後に直会が行われました(写真2)。大変失礼でしたが直会途中で退席させて頂き、次は地元消防団のポンプ点検作業を終えての慰労会に遅れて参加してきました(汗)。7月は雨の日が極端に少なかったためその反動でしょうか、8月はとにかく雨降り続き、9月は秋晴れの日が続くことを願っています。さて、台風15号が発生し日本列島を縦断する予報が出ており、大きな被害が出ないことも願っています。KT

カテゴリー:なし
2013-08-27(火)
またしても雨・・・
 


 本日の旭川市は曇り時々晴れ、午後9時過ぎに稲光が続くと同時に雨が強く降り出しました。最低気温+16.2℃、最高気温+26.2℃、日照時間4.9H、日計降雨量は22.5mmでした。今日も午前中は稲刈り作業の段取りに追われ、午後からはJAあさひかわ永山支所にて地区農連第4回執行委員会が開催され、真の農政改革、TPP対策、農民政治力結集、税制改正等について約2時間30分協議しました(写真2)。その後午後5時から地元農連の中間会計監査を行い、午後6時30分からは地元農連第4回執行委員会も開催し、本日の地区執行委員会の会議内容報告や今後の活動等について協議しました。会議終了は午後8時で、今日一日は久し振りに雨が降らず仕舞いと思っていましたが、冒頭記載しましたように稲光がピカピカと何回も連続して発生した途端、強めの雨が降り出す始末です。これでは水田が乾く暇がありません(涙)。KT

カテゴリー:なし